愛媛のデザイン事務所アドデコラボ。愛媛、東京、大阪で活動するデザイン集団。企業のブランディングによる価値の創造を目的に、店鋪デザイン、グラフィック、パッケージ、WEBデザイン全てを徹底したアートディレクションのもと行う。表参道ヒルズ、サークルケイサンクスなどのデザインを行っている。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 愛媛のデザイン事務所アドデコラボのデザイン:アートディレクター1 | main | 僕の撮影してきた建築家ル・コルビュジェの建築写真の展覧会開催。 >>
愛媛のデザイン事務所アドデコラボのデザイン:アートディレクター2
今日もアートディレクターの仕事について。
昨日書いたとおり、200人のモデルの中から選ばれたモデルさん、
大勢のスタッフさんをしたがえて、いよいよ自分が描いている世界を再現する
撮影に入ります。
自分が表現したい世界は自分にしか分からないので、
ずっと監督とカメラマンのそばで撮影を見守ります。


これはカメラマンの石坂直樹さん。
イメージを再現するの最適な機材を選んでくれました。
アナログなフィルムのカメラで優しい空気感を表現できるように。
この機材を手持ちで少しブレたりして柔らかいイメージに。
この撮影は2階の部屋での撮影だったので、その部屋に
外から光を作っていれる照明さんたちの見えない力もあります。


こうして無事に撮れた映像は後日編集室にて
こまかくチェックをして、
音や、ナレーションや、色目などの加工がされます。


本当に多くの人と、才能が集まって
やっと自分の納得いく絵ができあがってきます。

この現場は、圧倒的に僕が年下で現場のスタッフは有名な巨匠ばかり。
でも、自分が「どうしてもこうでなければ美しくないんだ」
「自分の持っている世界はこうなんだ」と一生懸命伝えると
みんなその描いた絵に賛同して本気になってくれる。
本物のモノ作りとはそういうモノです。
アートディレクターの仕事は、ブレない絶対の自分の世界観を持つことです。
そして自分の才能や感覚を信じて忠実に表現することです。






スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://addecolabo.jugem.jp/trackback/6
TRACKBACK