愛媛のデザイン事務所アドデコラボ。愛媛、東京、大阪で活動するデザイン集団。企業のブランディングによる価値の創造を目的に、店鋪デザイン、グラフィック、パッケージ、WEBデザイン全てを徹底したアートディレクションのもと行う。表参道ヒルズ、サークルケイサンクスなどのデザインを行っている。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 愛媛のデザイン事務所アドデコラボのデザイン:アートディレクター2 | main | 愛媛のデザイン事務所:アドデコラボの映像ディレクター >>
僕の撮影してきた建築家ル・コルビュジェの建築写真の展覧会開催。
僕がパリに留学した理由は古典芸術を学ぶことともう一つが
このル・コルビュジェの現代建築、ロンシャンに会いたいという想いからでした。


この有名な建築家の建築を
同じ愛媛の県民が撮ってきた写真という思いで見ていただくと
いつも見ている建物の写真も変わって見えるはず。

中には県立美術館であったコルビュジェ展でも使用された
写真もありますが、そこにはないもっと
身近なル・コルビュジェを見ていただければと思います。

コルビュジェの学生時代を過ごしたスイス、ラショードフォン時代を
初め、カプマルタンの小屋までの少々の記録を公開いたします。

自分が感じた感動をこのインターネットを通じて
一人でも多くの方に見ていただき、共感してもらえるとことを
こころから嬉しく思います。

Musee de OTV presents
Le Corbusier × OTV

5月18日より公開です。
愛媛以外の県外からのご来場もお待ちしております。






スポンサーサイト
はじめまして。Twitterのフォローありがとうございます。
同じ愛媛県人として活動は違えども、共感できることに巡り会えそうな、そんな思いを抱きました。
農家である自分は耕作放棄で荒れた農地を復旧することと、農業自体の衰退に歯止めをかけたくて地元に帰りました。写真、楽しみにしています。よろしくお願いします。
岡崎晃裕 | 2011/05/10 14:02
真摯なメールありがとうございます。活動に興味があります。何かわかるWEBなりBLOGなりあれば教えてください。
OTV編集長 三原です。 | 2011/05/10 17:13
関心を持っていただいて恐縮です。まだできて1年の西予やる気農家倶楽部で、素人ながら組織活動を学んでいます。http://safc.main.jp/ ホームページも少しずつではありますが充実させていきます。
今後の活動としては、地元の農作物を販売することと、景観作物として「ビバーナム・ティナス」という花木を定植する予定です。
私の住む西予市明浜町は柑橘の産地ですが、県内で最も販売価格が安く少子高齢化により耕作放棄地が目立ちます。おそらくこのまま行けば10年後には農家は20数件しか残らないでしょう。耕作面積で言うと500haが50haに減少するだろうと言う具合です。今からでも農業後継者が育つ町にしていきたくて、どうすればみんなが農業で生計を立てれるか考えています。
思いつくままで構いませんので、アートの感覚で農村振興のアドバイスなどあればお聞かせください。
岡崎晃裕 | 2011/05/11 03:31
お問い合わせありがとうございます。詳細、確認させていただきました。全国どこにでも、なかなか日の目を見ない価値ある商材・才能・努力・企業があるものです。OTVでは、愛媛県の価値の発見・創造・ブランディングを目的として立ち上げました。岡崎様のような方を支援したく思います。方法はいくつもあります。私たちがこのOTVという媒体を通して多くの方に発信することもひとつ。また、岡崎様のような方たちを集めて価値を創造して売り出す方法。とても大切なことはきちんとブランドを作るということです。それは、ただマークを作ったからではなく、全国に向けて発信できるコンセプトを明確に掲げ、この愛媛の農業規模で動き出すことです。今、弊社ではこの愛媛の第一次産業のブランディングを考えております。この計画も岡崎様に随時お伝えいたしますので、ご賛同願い、愛媛の才能が手を取り合い大きな波を起こすことが出来ればと思っています。この弊社の取り組みは、松山で有名なお好み焼き「すみれ」の社長(38歳)を理事とした「まほろば」のブランディングを軸に多くの若手経営者が集まり「安心安全な食と第一次産業の活性化」に賛同の声をいただいて動いております。昨日、理事も岡崎様のような情熱のある方をまとめて大きな力を作りたいと話してくれました。是非、OTVの活動を見守っていただ、賛同していただいて愛媛の協力なブランドを気づいて全国に向けて発信しましょう。僕はこのブランディング、デザインにおいては絶対の自信をもっています。生産者の方には価値ある商品を生み出す努力だけは強くお願いしたく思います。
「まほろば」はこんな活動もしています。ご参考ください。
http://henshucho.jugem.jp/?eid=4
OTV編集長 三原亮介
addecolabo.01@gmail.com
まで、ご連絡ください。
OTV編集長 三原です。 | 2011/05/12 10:02
COMMENT









Trackback URL
http://addecolabo.jugem.jp/trackback/7
TRACKBACK